当サイトでは、「妊活」というイベントに取り組むカップルを対象にしていますが
その状況・想いというのは、カップルそれぞれ事情が異なると思われます。

「何となく欲しくなってきた」から、
「長い間待っているけど、なかなかやってこない」まで、
中には、非常にシリアスな事情を抱えているカップルも多いはずです。

そして、その悩みがより深くなるケースというのは
「なぜだか分からない」という場合であり、その「理由(原因)」に関して
一度、冷静になって考えてみる・突き止める必要があります。

「自然に欲しい」ならより早く始める必要がある

「どうしてできないのか、全く見当がつかない」という場合には
基本的には、「婦人科」や「レディースクリニック」といった
専門の機関を訪れて、しっかり検査をすることが本来は必要です。

しかしながら実際には、訪れるべきタイミングで訪れないカップルが大半です。

理由としては、

「何かトラブルが見つかったらと思うと、怖くて行けない」

といったものも多く、その「トラブル」を見つけるための通院であることから
まさに「本末転倒」とも言えるカップルも多いようです。

加えて、こちらの方が多いと考えられる
「できるならば、<自然なかたち>で妊娠したい」というものです。

これは、納得するカップルも多いと思えます。

しかしながら、その考えというのはメリット・デメリットの両方があり
実際には、この考えこそが「元凶」とも言えます。

まず、早い段階で「なんとなく妊活を始める」というのは
心理的なプレッシャーも少ないことから、ぜひ推奨されることです。

ただし、「そのうちできる」という考えによって
<本当の不妊>を招いてしまう例というのが、非常に多いのです。

現在の不妊事情として、「高齢妊活」というのは最も大きな要因と言えます。

そして、それを招いているものこそが
「いつか、自然にできる」という、希望そのものなのです。

不妊を招く最も大きな要因「加齢」

<不妊>の定義としては、

欲しいと願っている、行動(タイミング法の実践等)しているにも関わらず
「1年以上(従来の2年から変更された)」授かることができない、という状態です。

この事情を抱えたカップルは、現在珍しくはないものです。

不妊には、女性側が要因を抱えている、「女性不妊」
男性側にトラブルが発生している、「男性不妊」
更に「両方に問題がある」また「原因不明」というケースもあります。

これらの内容を、細かく見ていくと

  • ホルモン
  • 生殖細胞
  • 男性機能
  • 子宮環境
  • 健康問題

いくつかのピンポイントの要因にたどり着くことになりますが
これらの根本には、「加齢」という<身体機能の低下>が関わっています。

特に精子・卵子という、「生殖細胞」の劣化に関して顕著と言えます。

衰えた精子・卵子の、「受精」や「着床」する能力が低下しているのです。

全てを「早く始める」しかない

これらの根本的な要因の、さらに根本的な改善策としては
「若い時期に妊活をする」ということしかありません。

それは、食生活・生活習慣の改善や
また「妊活サプリ」の利用等、様々なものを含みます。

しかしながら、共働き・晩婚化・経済事情等の事情からも
必ずしも、早めに始めることができないことも多いです。

結局は、「できるだけ早く」ということになり
その時に、必ず「全力」で取り組むことが必要です。

妊活サプリは、その際に非常に強力な味方となるものであり
「総合的な働きかけ」を考えた場合には、
ぜひ「AKAHAI(アカハイ)」がおすすめと言えます。

>>「AKAHAI」の公式販売ページへ